【DIY】プロコンを分解してカバー交換!好みの色にカスタマイズする方法

【ゲーム】

今回は、Proコントローラーを好みの色にカスタマイズする方法についてのお話です。

Nintendo Switch用に販売されているProコントローラー(通称:プロコン)ですが、そのカラーバリエーションはさほど多くありません。

ショウT
ショウT

そのままのデザインでもかっこいいですが、Joy-Conのようにもっと色が選べると嬉しいですよね。

そこで今回は、プロコンを分解&カバー交換して、コントローラー本体を好みの色に変更する方法をご紹介します!

【DIY】プロコンを分解してカバー交換!好みの色にカスタマイズする方法

はじめに

分解する際の注意点

ご紹介する方法では、プロコンを一度分解し、外装パーツを交換した上で再度組み立てを行います。そのため、失敗してしまった場合や動作に不具合が生じてしまった場合に、Nintendo公式の修理サポートが受けられません

もし実施される場合は、その点を承知の上で自己責任にてお願い致します。

ケースカバーの入手方法

プロコンのカスタマイズ用ケースカバーは、AmazonのeXtremeRateショップで購入することができます。

カラー変更パーツだけではなく、スティック部分を八角型にしたり、トリガーボタンをクリッキーな感触に変更したり、様々なカスタマイズパーツが販売されています。

気になった方は是非、使い勝手にこだわったオリジナル・プロコンにチャレンジしてみてください!

ちなみに、カバーはABSプラスチック製で丈夫かつ、マットな仕上がりで手触りも良いですよ。

カスタムパーツ・サンプル画像

用意するもの

eXtremeRate社製のカスタマイズ用ケースカバーには、ドライバーや予備のネジが付属しています。そのため、プロコンと購入したパーツ一式があれば、基本的にはすぐ作業ができる状態です。

ただ、ネジなどの小さい部品が多く、繊細さが必要な作業もあるため、プラスαでピンセットや工作マットがあると良いかもしれません。

プロコン本体・購入したカラー変更パーツ・ピンセット・工作マット

プロコンの分解・組み立て手順

STEP1:外装パーツを取り外す

①グリップ部分のネジ2箇所を外す
②バックプレート部分のネジ4箇所を外す

まずは、外装パーツの取り外しを行います。

グリップ部分のネジ2箇所を外し、本体からグリップを引き抜きましょう。

その後、グリップに隠れていたネジ4箇所も外し、バックプレートを取り外します。

③バッテリーと背面のネジ5箇所を外す
④前面パーツをゆっくり持ち上げ、ケーブルを外す

バックプレートが外れたら、バッテリーと背面のネジ5箇所を取り外しましょう。

ここまで分解が終わると、ボタンのある前面パーツが取り外せるようになっています。

前面パーツをゆっくり持ち上げ、基板上のケーブルを外せば、外装パーツの取り外しは完了です。

ちなみに、基板上のケーブルは、黒い留め具を手前に持ち上げることで外せます。

ピンセットなどを用いて、基板が傷つかないよう慎重にケーブルを取り外しましょう。

STEP2:ボタンを移植する

⑤前面パーツ上のケーブルとネジ2箇所を外す
⑥残っているネジ2箇所を外す

外装パーツの取り外し後は、前面パーツにあるボタンの移植を行います。

ケーブルとネジ2箇所を外し、トリガーボタンのパーツを取り外しましょう。

残った基板のネジ2箇所を外して基板を持ち上げると、その下にボタンが配置されています。

⑦購入したケースカバーにボタンを載せ替える
⑧基板やトリガーボタンを取り付ける

購入したケースカバーにボタンを載せ替え、基板やトリガーボタンを取り付ければ、ボタンの移植は完了です。

STEP3:組み立て直す

⑨ケーブルを差し込み、前面パーツを取り付ける
⑩背面のネジ5箇所を締めて、バッテリーを戻す

ボタンの移植後は、新しく購入したケースカバーを使い、外装の再組み立てを行います。

まずはケーブルをつなぎ直し、前面パーツを背面パーツに取り付けましょう。

しっかり合わさったことが確認できたら、背面のネジ5箇所を締めてバッテリーを戻します。

⑪新しいバックプレートをはめ込み、ネジ4箇所を留める
⑫グリップを取り付けて、ネジで固定する

その後、新しいバックプレートをはめ込み、ネジ4箇所をしっかり締めましょう。

最後にグリップを取り付けて、ネジで固定すれば完成です!

完成写真

組み立て後の動作確認

Switchに接続して動作チェックをする

組み立て作業にあたり、ケーブルの差し込みがあまかったり、ボタンについているラバーを戻し忘れていたりすると、コントローラーが正常に動かない場合があります。

そのため、作業完了後は全てのボタンが正常に機能するか、動作確認を行いましょう。

ボタン動作のチェック方法
  1. Homeメニューの[⚙]を選択し、設定を開く。
  2. [コントローラーとセンサー]にある[入力デバイスの動作チェック]を選択する。
  3. [ボタンの動作チェック]を開き、全てのボタンをテストする。

ボタンやスティックが反応しない場合

もし、「触っていないのにスティック操作が勝手に行われている」「ボタンを押しても反応がない」といった症状が出ている場合は、下記の項目をお試しください。

スティックの補正や初期化を行う

「触っていないのにスティック操作が勝手に行われている」といった症状であれば、スティックの補正や初期化を行うことで、改善する場合があります。分解後は、Steamなどを経由してPCでプロコンを利用されている方も、一度Switchでリセット&再補正を行ったほうが良いかもしれません。

スティックの補正&初期化方法
  1. Homeメニューの[⚙]を選択し、設定を開く。
  2. [コントローラーとセンサー]にある[スティックの補正]を選択する。
  3. 補正したいスティックを傾けて、補正を開始する。
  4. うまくいかたかった場合は、[Y:初期設定にもどす]を実行する。
もう一度、分解してみる

初期設定に戻しても改善しない場合や、ボタンがそもそも反応していない場合は、もう一度分解を行い、下記の項目をチェックしてみましょう。

チェック項目
  • ボタンやパッキンの戻し忘れはないか
  • ケーブル類はしっかり繋がっているか
  • ネジが緩んでいたり、きつく締めすぎていたりしないか
  • 基板に傷がついていたり、ホコリが付着していたりしないか
それでも改善しない場合には…

試せることを一通り試しても改善しない場合には、残念ながら破損している可能性が高そうです。

新しいプロコンを購入するか、修理・カスタム代行業者さんの利用を検討しましょう。

「カスタムしてみたいけど、自分でやると壊してしまわないか心配」という方は、プロにお任せするのも一つの手だと思います!

最後に

今回は、プロコンを好みの色に変更する方法について、ご紹介しました。

分解作業が必要になるため難易度は少し高いですが、出来上がった後の満足感は中々のものです。

カスタマイズしたことで、自分のプロコンにより愛着がわきました!

「今使っているプロコンがボロボロで、保証期間も過ぎてしまった」・「他のインテリアに合わせてお洒落にしたい!」という方には、是非ともオススメです。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました